誹謗中傷対策は、行動の内容が大切!その内容とは?

冷静に行動する事が大切

誹謗中傷を受けると、感情的になり冷静さを失ってしまう事がありますよね。冷静さを失った行動と言うのは、油に火を注いでしまう事もありますよ。昔の戦の中では、相手を罵り士気を下げさせ、自ら率いる軍隊の士気を上げる戦術を行っていたものです。その様な戦術にはまらない様に、冷静に判断を行って逆に相手の士気を下げさせる戦術も行われていました。冷静さを失えば、企業で働く方の士気が失われ、個人に対して誹謗中傷を受けているのであれば、親族や知人、友人などの周りの方々にもも影響を与えてしまう可能性がありますよ。

誹謗中傷対策は専門家の意見を仰ぐ事

誹謗中傷対策を行う場合は、法的に対してその内容が誹謗中傷である事が認められる事が重要なポイントですよ。法的に対して適用されるためには、何かしらの損害が発生している必要性があります。個人を特定されている内容であるかもポイントになりますよ。例えば、東京で販売されている野菜が美味しく無いと言う内容と、東京駅の前にあるスーパーで売られている野菜は腐っていると言う内容では判断される内容も違い、後者であれば法的に訴える事が可能になります。被害と言うのは、専門家から見れば新たに被害だと判断される内容もあるため、必ず、専門家の意見を仰ぐ事が大切と言えるでしょう。

誹謗中傷対策は抑制力を働かせる事が大切

誹謗中傷対策を行う場合、誹謗中傷を行っている記事に対して削除依頼する事が多くありますよね。一度、記載された内容と言うのは、どこに転載されているか分かりません。被害は留まる事は無く、拡散している可能性だってありますよ。記載された内容と言うのは、削除をするのでは無く、その記事の下に謝罪文を書いてもらう事も一つの方法です。その記事を見た第三者は、その記事が誹謗中傷を目的とした記事だと言う事を知る事が出来ますよね。他の場所でその内容を見つけても、それは、誤った情報の誹謗中傷的な記事である事だと知ってもらう事も可能ですよ。これは、誹謗中傷を行った人に対する抑制力のみならず、転載する第三者に対する抑制力として働かせる事が可能になります。

2ちゃんねる削除は依頼内容もすべて公開されるため、まずは書き込みの流れを落ち着いて見直すことが大切です。